RPG

ダークファンタジーハクスラRPG 『Raziel(ラジエル)』~評価・評判・面白いのか~

ダークファンタジースマホゲーム 『Raziel(ラジエル)』のここが面白い!

GooglePlayで手に入れよう AppStoreからダウンロード

ゲーム概要

『Raziel(ラジエル)』の世界観&操作

『Raziel(ラジエル)』は、’’北欧神話’’に基づき重厚な世界観が再現された本格ダークファンタジーRPG。物語の舞台は大量発生したアンデッドが人間を虐殺し始めた終末の世界。プレイヤーは人類の生き残りとして、不死の軍団と戦っていく。襲い来る敵を退けながら、世界の危機を救いに向かおう!

バトルはステージ制で、プレイヤーであるあなたはフィールドを探索しながら最奥のボスを目指していくこととなる。
RPGお馴染みの「バーチャルパッド」を駆使しながら、道を阻む敵モンスターと戦っていく流れとなっている。画面左下のスティックで移動、画面右下のアイコンタップで攻撃アクションが発動!
Raziel (ラジエル)
RPGの醍醐味と言えば、鍛え上げたスキルを繋げてキメるド派手なコンボ!鍛錬の成果をボス戦で存分にぶつけよう。

ゲームが進むとヒーローは10種類以上のスキルを覚えていく。攻撃技を連続で繰り出し敵と戦ったり、移動や召喚技を駆使して避けながら戦うなど、スキルごとの多彩な戦い方でバトルを楽しめる。

自由度の高い育成要素「天賦機能」と豊富な装備アイテム

キャラの育成においては、細かく能力を振り分けできるシステムにより、自由度の高い育成楽しむことができる。

これは、キャラのレベルが上がると開放される「天賦機能」という仕組みによる。ポイントの振り分けによりキャラを強化でき、この強化に必要なポイントはレベルアップで集めることができる。火力特化や耐久強化など、自分好みのキャラを作り上げていこう。

さらに本作は、「ハック&スラッシュ」と呼ばれるジャンルに属するRPGで、豊富に用意された’’装備アイテム’’が大きな魅力。

より強い装備を求め、冒険を繰り返していくもよし。集めたアイテムでオシャレを楽しんでいくもよし。自分なりのスタイルでダークな世界観を堪能しよう。

その他マルチプレイ要素やペット機能も充実!!

マルチ機能「酒場クエスト」

「酒場クエスト」は、他プレイヤー達と協力してクエストクリアを目指していくマルチプレイ要素で、4人パーティーを組んでダンジョン攻略を進められる。

難易度ごとに用意されているダンジョンで、協力してボスを倒していく。セット装備や鍛造に必要な材料を高確率で入手することができるのが特徴。ヒーローの育成に欠かせないコンテンツとなっている。

「酒場挑戦」のクエスト報酬には、1日3回までの回数制限がある。毎日24時に回数制限がリセットされるため、挑戦した回数を確認しておこう。

ペット機能

ヒーローレベルが12になるとペット機能が開放される。ペットは戦闘中にプレイヤーを補助してくれるお助けキャラで、自動で敵と戦ってくれるため、戦闘が楽になる。

ペットには、属性と特性が与えられており、連れて行けばその効果をヒーローが受けることも可能。Bランク、Aランク、Sランク、SSSランクの4種類あるペットの品質に応じてヒーローが受けられる効果が増加していく。一番品質が高いものを優先して出陣させていこう。

どの職業がおススメ?各職業の特徴

スタート時、プレイヤーは3人のヒーローから1人を選択。

近接戦に長けた「闘獣の王」、遠距離戦が得意な「氷の女祭司」、弓の使い手「デスレンジャー」など、キャラごとに攻撃方法やスキルの性能が違っているため、自分の好みのヒーローを選ぼう。

また、公式からも各キャラについて紹介動画がるので選択の参考にしよう。

↑公式より―デスレンジャーの紹介動画

デスレンジャーはスキルで広範囲で敵に攻撃を当てやすいのが特徴。バックジャンプ・バク宙をしながらの攻撃スキルがあるため、距離を取りつつ回避行動をすることが可能。また、速射で敵に攻撃を当てるごとにエナジーを回復することもできる。

 

↑公式より闘獣王の紹介動画

ザ・攻撃型。闘獣の王は近接戦闘型で物理攻撃を得意とする。スキルで前方や周囲の敵への攻撃が可能なため、多人数の敵にも対応できる。強力なスキル攻撃をした後は、反動で自身にもダメージを受けることがある。しかし敵からHPを吸い取る(ドレインする)スキルも持っているため、HPを上手に調整しながら立ち回ることが求められる。

 

↑公式より―氷の女祭司の紹介動画

氷の女祭司は、遠距離攻撃で敵を倒せることや、スキルで敵を凍結させたり、シールドを自身に付与することができたりと、防御・回避性が高く、敵からのダメージを抑えやすいため、最初の職業としておすすめ。

レビュアーより感想

グラフィックもきれいで相当奥が深いため、飽きはなかなか来ないんじゃないでしょうか?実は、不要な説明がなく、ゲームをやりながら手探りで感覚的に把握していく流れにもなっているため、まどろっこしい説明抜きで雰囲気で進めていくのが好きな人の方が楽しめるかもしれません。

今のところ無課金でも充分楽しめています。運営の課金煽りがないので、この調子で楽しめる状態が続けばいいなあとも思います。

英語ボイスで、ストーリーの和訳がグーグル翻訳レベルなのであれ?とも思ったけど、普通に洋ゲーをやってると思えば特に気にならなそうです。むしろ反対に英語のリスニングをしながら、スピードラーニング的にゲームと英語が共に上達してる!!なんてことが!!?あればいいな、、

GooglePlayで手に入れよう AppStoreからダウンロード