シュミレーション

広告で話題の「マフィア・シティ―極道風雲」~評判・レビュー・面白いのか~

マフィア・シティ-極道風雲

ダウンロード↓↓

GooglePlayで手に入れよう AppStoreからダウンロード

マフィア・シティ-極道風雲 内容紹介

「マフィア・シティ-極道風雲」は、全世界1,000万DLを突破した仁義なき極道ストラテジーゲームだ。

美女をはべらせ、資金を生み出す、暴走族・武装車を管理し、絵にかいたような「マフィアの世界」を体験できるのが特徴。

プレイヤーは小さなマフィアのボスとなり、兄弟を使って領地を広げていくこととなる。そんなマフィアらしいきな臭いパートの他に、美女とのデートや交流要素もあり、様々なパートを同時に進めて新時代のゴッドファーザーを目指せ!

バイオレンス要素満載のマフィアのボスは、よく言えば漫画のダークヒーローのような、悪く言えばただのワル。憧れまでとはいかなくとも、興味がそそられる人もいるのではないだろうか。そんなワルを極めた疑似体験をできるのが、この「マフィアシティ」だ。金も女も名誉もすべてを手に入れよ!

公式より

安定と平和、それは決して極道の代名詞ではない。生存のために、戦わなければいけない。暴力合法、縄張りを広げ、富と名声を得る、町の主宰者になることさえも全員が目指している目標。戦いつくす、或いは盟友を作る、自分なりの生存法則を尽くしていく。さぁ、豪快な冒険をはじめようではないか!

mafiawar_03

ゲームの流れ

分かりやすく言えば、戦略シミュレーションゲーム

あらかじめ用意されている自分の縄張りに、次々と設備を設営していく。自分のチームの戦力や資金を集め、他のマフィアに抗争を仕掛けるといったもの。

拠点から外に出ればそこは、様々なマフィアが自由に動き回る無法地帯チンピラやガラの悪い警官らが配置されており、倒せば資源やアイテムの獲得が可能。

スクリーンショット画像

組織拠点を大きくしていくためには、外部の街を侵略することになるが、それなりの組織の軍事力が必要となってくる。また、他プレイヤーの拠点を襲うことは、それイコール自身の拠点も常に危険に晒されているということ。

設営した設備を強化すれば、育成できる暴走族資金の規模が変化。設営後は、調達→バトル→設営の流れを繰り返していくこととなる。

また、マフィア・シティでは、マフィア構成員軍用武器など豊富な武力システムが用意されている。組員には以下ようなの様々なタイプが存在している。

টুইটারে マフィア・シティ-極道風雲: "バイクがすべて、天下 ...
  • 暴徒:マフィアグループから集めた一流の殺し屋。近接戦用武器と拳が基本装備。
  • 射擊手:銃を使いこなす射撃のプロ。AK47、バズーカ、ショットガン、ライフルなど、様々な銃を装備。
  • 暴走族:その名の通り、バイクで移動しながら大暴れする。数も多いため、非常に厄介な存在。
  • 改造車両:車両を改造して様々な装備が可能。
  • スクリーンショット画像

自分の理想とする組織にするため、様々な場所に投資して強化していこう。

強化できるポイントは、射撃訓練所、暴徒訓練所に暴走族集結にはじまり、病院やカジノ、紙幣印刷工場まであり様々。

マフィア・シティ-極道風雲のレビューと序盤攻略 - アプリゲット

もちろんそれだけではなく、カジノ美女とのゲームも楽しめる等、その他の要素もしっかりと用意されている。美女は戦う力を持たないが、その分、美女からの好感度が上がれば、美女の数も増え、さらに拠点や兵力へのバフを習得するため、決してないがしろにはできない要素だ。

また、バトルはオートなため、難しい操作は必要ない。戦わせる部隊を編成して、自分たちの強さを相手に知らしめよう。

「組織」に所属し、仲間とオンラインで戦おう

プレイヤー間で派閥を組める「組織」が用意されている。大規模な組織を立ち上げるか組織の一員となり、シマを拡大していこう。

組織に所属すれば、設備の建設の時間短縮ができたり、建築レベルを上げる時間を短縮する組織バフのようなものを得られたりできる。

拠点の位置を組織のメンバー同士で近くに建築しておけば、別マフィアとの抗争の際、一緒に戦うことも可能。

レビュアーより

グラフィックが綺麗で細かな部分の表現がかなり豊か。憧れまではいかなくとも、面白そうと思う人も多い「ワル」を極める疑似体験できる点が魅力。

課金は必要か?
→デイリーミッションや支給物資により、アイテムが配布されていくため、ゲームを続けていけば、過度な課金をしなくても少量のゴールドなどを入手できる。

ゲームマスターとの連絡法もゲーム内に用意されているから、簡単にユーザーの声を届けられることもありがたいポイント。

・ゲームはガチャリセマラ無しでも十分に楽しめるようになっているため、時間を無駄に使うようなリセマラも不要。ゲームを始めるハードルが低いため、気軽に始められる。

GooglePlayで手に入れよう AppStoreからダウンロード